広告 仮想通貨

【簡単3ステップ】コインチェックの口座開設方法を画像付きで解説

当サイトはプロモーションが含まれています

悩む人

コインチェックの口座開設をしたいけど1人でできるか心配。

このような不安を解決します。

本記事の内容
  • コインチェックが初心者におすすめの理由
  • 画像で分かる口座開設方法
  • コインチェックへの日本円入金方法
本記事の信頼性
うえぶー(@uebuu_san)

仮想通貨(暗号資産)を始めるには取引所の口座開設が必要になりますよね。

しかし、その口座開設が最初のハードルとなって前に進めない方もいるのではないでしょうか。

今回の記事を読めば初心者でも簡単にコインチェックの口座開設をすることができます。

コインチェック無料口座開設

申込手続き完了まで最短5分。審査~口座開設完了までは早ければ30分ほど。最短で30分少しで取引できるようになります。

画像付きで分かりやすく解説していますのでサクッと口座開設を済ませ、仮想通貨(暗号資産)を始めましょう。

>>今すぐ詳しい開設方法を見たい方はここからジャンプ

Coincheck(コインチェック)が初心者におすすめの理由

コインチェックのおすすめ理由は以下の5つです。

  • 初心者でも使いやすいアプリ画面
  • 500円から投資できる
  • 取り扱い通貨が豊富
  • セキュリティー性が高い
  • 多くの投資家に選ばれている
初心者でも使いやすいアプリ画面

仮想通貨(暗号資産)と聞くと、「なんかややこしそう」と感じる方も多いかと思います。

私も実際そうでした。完全初心者なのでアプリを見てもよく分からないだろうと。

しかしアプリ画面ですが、全く複雑なことはとはありません。非常に分かりやすく見やすいです。

直感的に操作できる点も評価できるのではないかと。

500円から投資できる

コインチェックはすべてのコインを500円から買うことができます。

少額から購入できることは初心者にとってかなりハードルが下がりますよね。

初めての仮想通貨(暗号資産)は少額から始めることをおすすめします。

僕自身も少額から初めて勉強中です。

取り扱い通貨が豊富

コインチェックの取り扱い通貨数は豊富にあります。

2024年2月6日時点 引用元:コインチェック

現在は販売所で26種類+仮想通貨「PLT」「FNCT」「DAI」を合わせて29種類になります。

選択肢が多いことはメリット。購入したいコインがなければ別の取引所で探さないといけません。そうなると機会損失になる可能性もあります。

選択肢の多さはそういった機会損失になるリスクを減らすことができます。

セキュリティー性が高い

初心者にとって仮想通貨(暗号資産)を始める上での気になる点と言えばセキュリティー面ではないでしょうか。

大手企業であるコインチェックがおこなってきたセキュリティー対策として、「コールドウォレット」や「二段階認証」などがあります。

「コールドウォレット」とはネットから完全に隔離された状態のことです。この状態をつくりだすことによって、ハッキングなどを防ぐために非常に効果的になります。

万が一の場合も、資本力のある大手では救済面で安心できるでしょう。

多くの投資家に選ばれている

コインチェックをメインで愛用しておる投資家は多く、支持されている取引所になります。

引用元:PR TIMES

愛用者が多いのも安心材料の一つですね。仮想通貨(暗号資産)初心者は、まずはコインチェックを利用すれば間違いないですね。

それではコインチェックの口座開設方法を画像付きで解説していきます。

流れとしては以下の3ステップです。

  1. アカウント作成
  2. SMS認証、かんたん本人確認
  3. 2段階認証

画像を見ながら進めていけばあっという間に口座開設が完了します。サクッと進めていきましょう。

アカウント作成

まずは、コインチェックの公式サイトへアクセスしましょう。

コインチェック無料口座開設

上記の画面にいったら、「口座開設(無料)はこちら」をタップします。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「私はロボットではありません」にチェック。そして「登録する」をタップします。

該当する箇所を選んで、「確認」をタップします。該当する箇所がなければ「スキップ」と表示されますので「スキップ」をタップ。

「登録する」をタップします。

上記の画面に切り替わったら、登録したメールアドレスへCoincheck(コインチェック)からメールが届いているのでメールを開きます。

上記のメールが届いているので、赤枠で囲ってあるリンクをタップします。

上記画面に切り替わるので、「OPEN」をタップします。

アプリ画面に切り替わるので、「入手」をタップしてアプリをインストールします。

アプリを起動します。

登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「メールアドレスでログイン」をタップします。

「メールアプリを起動」をタップします。

起動するメールアプリを選択してタップします。

「開く」をタップします。(僕の場合はGmail登録したので、この画面になってます)

上記のメールが届いているので、赤枠で囲ってあるリンクをタップします。

「重要な事項を確認する」をタップします。

すべての項目にチェックを入れます。

すべての項目にチェックを入れ終えたら、「各種重要事項に同意、承認してサービスを利用する」をタップします。

「本人確認書類を提出する」をタップします。

アカウント作成は以上になります。

SMS認証

次は、SMS認証を行っていきます。

電話番号を入力し、「SMSを送信する」をタップします。

送られてきた認証コードをペーストし、「認証する」をタップします。これでSMS認証は完了です。あともう少し。

「本人確認書類を提出する」をタップします。

基本情報を入力し、「確認」をタップします。

「本人確認書類」をタップします。

  • 運転免許証(表面と裏面が必要)
  • パスポート(顔写真ページと所持人記入欄が必要)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面が必要)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面が必要)
  • 個人番号カード※表のみ(通知カードはご利用いただけません)

この中から選択し、タップします。運転免許証が簡単なのでおすすめです。

現住所が記載されている本人確認書類を選択していることを確認し、「はい」をタップします。

「メールアプリを起動」をタップします。

起動するメールアプリを選択し、タップします。

上記のメールが届いていますので、赤枠で囲ってあるリンクをタップします。

下にスクロールし、「同意して次へ進む」をタップします。

「注意事項を確認しました」にチェックを入れ、「次へ進む」をタップします。

「本人確認書類」の撮影、動画撮影が終わったら「次へ」をタップします。

上記の表示になっていればOKです。あとは口座開設完了を待つだけです。

「口座開設完了のお知らせ」が届いたら、口座開設は完了です。

2段階認証

最後に2段階認証を設定しましょう。

セキュリティーの面から、必須になってきます。簡単ですので、サクッと終わらせましょう。

アプリのアカウント画面から「設定」をタップします。

「2段階認証設定」をタップします。

「セットアップキー」をタップしコピーしたら、「認証アプリを起動」をタップします。

「Google Authenticator」をタップします。

「入手」をタップして、アプリをインストールします。

アプリを起動し、「アカウント」にコインチェックと入力します。先ほどコピーしておいた「セットアップキー」をペーストし、「追加」をタップします。「時間ベース」はそのままでOKです。

このような数字が生成されるので、長押ししてコピーします。

あとはアプリに戻り、先ほどコピーした数字をペーストすれば完了です。「設定済み」になればOKです。

以上で、コインチェックを利用する上でのすべての設定が完了です。おつかれさまでした。

Coincheck(コインチェック)への日本円入金方法

口座開設が完了したら、必ず日本円の入金は済ませておきましょう。

すぐに入金すべき理由

仮想通貨(暗号資産)の値動きは激しいです。いつチャンスが来てもおかしくないので、いつでも購入する準備をしておくことが大切です。

僕も初めて値動きを見た時は、想像以上でした。初心者でも準備だけはできると考え、入金だけは済ませておきましたよ。

入金方法はすごく簡単です。解説していくので参考にしてください。

アプリを開き、「ウォレット」をタップします。

「入出金」をタップします。

「入金」をタップします。

「GMOあおぞらネット銀行」または「楽天銀行」のいずれかをタップします。

※住信SBIネット銀行での取り扱いは終了しています。

口座情報が表示されるので、ご使用の銀行口座から振り込めば完了です。

注意点として、振込人名義は必ず「ユーザーID+お名前」を記入してください。「ユーザーID」の記入を忘れると、振込したのにいつまでたってもコインチェックに入金されません。打ち間違いを防ぐためにも、タップしてコピーを張り付けることをおすすめします。もし「ユーザーID」の記入を忘れてしまった場合は、アプリから「アカウント」そして「FAQ/問い合わせ」をタップして、連絡すれば入金処理してくれますので大丈夫です。

入金が完了するとこのようなメールが届きますので、アプリで確認してみてください。

入金されると、上記のように反映されます。

手数料無料で入金できる銀行口座

なんどでも手数料無料でCoincheck(コインチェック)へ日本円を入金できるネット銀行は以下の2つです。

  • 楽天銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
各口座開設サイト一覧

>>楽天銀行サイトへ

>>GMOあおぞらネット銀行サイトへ

まとめ

今回は、コインチェックの口座開設方法について解説しました。

口座開設は以下の3ステップです
  • アカウント作成
  • SMS認証、かんたん本人確認
  • 2段階認証

早ければ申し込から口座開設完了、お取引まで30分程度できちゃいます。

仮想通貨(暗号資産)の値動きは想像以上に激しいです。絶好の買い場を逃さないためにも、日本円は入金しておきましょう。

>>コインチェックで無料口座開設

コインチェック無料口座開設

あわせて読みたい

>>【初心者向け】コインチェックでビットコインを購入する方法【画像で解説】

【初心者向け】コインチェックでビットコインを購入する方法【画像で解説】

続きを見る

>>【初心者向け】コインチェックでイーサリアムを購入する方法

【初心者向け】コインチェックでイーサリアムを購入する方法

続きを見る

>>【簡単2ステップ】コインチェックつみたて投資のやり方を詳しく解説

【簡単2ステップ】コインチェックつみたて投資のやり方を詳しく解説

続きを見る

-仮想通貨